Home » オフィス移転の際の注意点~手続き編

オフィス移転の際の注意点~手続き編

オフィス移転をされる際の注意点として、どのような手続きをしなければならないのかをお伝えしておきます。それには、本社が移転をされる場合、約款の変更であったり、類似商号などの確認をおこなう必要があります。それから次は、移転登記をした後に、抄本を添えて納税地移転の届け出をしなければなりません。また、それだけでなく今度は登記簿謄本を添えて事業の開始などの届け出を行う必要があります。これらのことは法務局であったり、税務署などに届け出をしなければなりません。それから他には、電話や郵便物の移転などの手続きを出来るだけ早くしておかれるようにしましょう。また、リース機器であったり、保険などの手続きに関してもあらかじめ新しい住所などを伝え、またいつから稼働をするのかなどを伝えて、事業開始前日までには完了しておくようにしておきましょう。

オフィス移転の際にしておかなければならないこと

オフィス移転をされる際には、あらかじめしなければならないことをリストにして確実におこなっていくようにしてください。その中で、今使っているオフィスの現状回復についてがあります。長年使われていたオフィスの場合には現状回復するにあたって、費用が発生してしまうことがあります。そういった際のために、あらかじめ数社から見積もりをとり対処するようにしておきましょう。それから次は、業者に引越しを頼む際、どうしても業者に任せることができないものがあります。それらをあらかじめ持ち出ししておく必要がある他、貴重品などに関しても個々に管理をしてもらう様、お願いをしておかなければなりません。また、引越し前日までには、金庫だけでなく必要なものが空になった状態をつくっておくことがおすすめです。このようにあらかじめしておかなければならないことを知っておきましょう。

オフィス移転の方法はさまざまです

新規プロジェクト、また事業拡張のためオフィス移転をおこなう企業も多いのではないでしょうか。今まで使用していたオフィスでは手狭で、もう少し広いオフィスへ移転するとき条件にあった場所を見つけることになります。最近はレンタルオフィスを展開している企業も増えてきましたので、選ぶ側も選択肢が広がってきました。レンタルオフィスは業者によってそのレンタル料金―や提供しているサービスも変わってきますので、まず事前に比較検討をすることをお勧めします。またそれ以外にもオフィス移転の手段として、バーチャルオフィスを利用する人も多くなっています。バーチャルオフィスであれば住所だけをレンタルしますので、レンタル料金も安くなります。またこちらも提供している業者が多いので、まずは業者ごとを比較検討してみることをお勧めします。

お電話での問い合わせは平日・9:00~18:00【0120-676-260】までご連絡ください。 日本一お客様を大切にするために、オフィスコンサルティングのベストパートナーとして、総合力を持って誠実にご対応します。 オフィス移転の物件探しからお引越しまで!お手伝いし、会社にあった使いやすいデザインを提供します。