Home » オフィス移転は信頼できる業者さんに依頼する

オフィス移転は信頼できる業者さんに依頼する

オフィス移転を考えているときは、信頼のおける業者さんに相談すると安心の移転が実現します。一般的な企業や会社の場合、オフィスを移転するという機会はあまりないものなので、何からどのように進めていったらよいのか分からないことがあります。そのため、たくさんの経験と実績を持っている業者さんに相談することで、スムーズに移転できるようにサポートしてくれるので心強いです。たくさんの経験を持っているからこそ、それを活かしたうえでコストを抑えつつ、安全にオフィス移転ができるようにサポートしてくれるので非常に安心感があります。また、業者さんの中には、無料でレイアウトに関する相談にものってくれるところがありますので、移転後も安心感が違います。経費削減のために、できるだけ低コストで快適な移転が実現しますので、オフィス移転を検討しているときはまずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

オフィス移転でコストダウンを図ろう

オフィスというのは、維持をするだけでも経費が発生してしまうものであり、その為に少しでもその経費を抑えようと会社のトップの人達は東奔西走しています。しかし、なかなか思うように事が進まないのが実状です。しかしオフィス移転を考慮するのであれば、そのコストダウンも夢ではありません。なぜなら、オフィスの維持費で人件費を除いた場合、一番経費がかかるのが賃料だからです。ただし、安いテナントというのはそれなりに不便な部分がありますから、事前によく下調べしておくことが大切です。そのテナントの広さや階層、エレベーターの有無や交通アクセスなど、様々な条件と照らし合わせ、その上で現在よりもコストダウンが可能であると判断した時に、オフィス移転をするようにしましょう。そうすることで永続的なコストダウンを実現することが出来るようになるはずです。

オフィス移転の際の思わぬ盲点

かつて勤務していた会社のある支店は、過去数回のオフィス移転を行っています。そのうちの一回に遭遇しました。文房具関係でお取引のあった業者さんを同行して、移転先事務所の作り付けのキャビネットなどのための採寸を行いましたが、引っ越し当日、机・椅子・什器や書類の搬入完了後、書類の収納に取り掛かる訳ですが、その際、壁に作りつけられたキャビネットの最上段部にA4ファイルが収まらない事が判明しました。高さ不足です。立ち会っていた業者さんにその旨告げますと、「A4が入る高になっている」との事でしたが、「A4の用紙が入る高さ」ではなく、「A4のファイルが入る高さ」が必要になるのは当然です。真っ青になった業者の担当さんは、急ぎ自社へ連絡されていましたが、部材の準備も含めて対応は週末土曜日になるとの事で、支店長の「休日出勤扱いにするから」との一言で自分が再施行に立ち会う事となりました。再施行では5ミリほど下方に出っ張った天板を平板に交換して必要な高さを確保するというものでしたが、殆ど一日が潰れてしまいました。思わぬ盲点に気付かされた出来事でした。